2015年に初収穫したコーヒーチェリーは全部で80個。1個のコーヒーチェリーにだいたい2粒の豆が入っていた。たまに1粒だけだったり3粒のものもあったりで、結局約160粒の豆 (種) が採れた。

この時点で飲みたい欲が結構あったが、まだ焙煎のこともよく調べていないし、そもそも焙煎までの加工過程のこともネットで読んだくらいだったのでまずスキルがない。

当然うまく飲めるはずもないし、飲んでしまうと一気になくなってしまう量でもあるので、これら全てを種として植えることにした。まあ農園やりたいって思ってるんだから当然。

てことで初収穫後、赤い皮やその下の果肉の部分をむいたりして種の状態に。(そこらへん何をしたか具体的なことはまた今年の年末あたりに記録しないと。)

植えたのが1月初旬だったか。
そこから毎日水をあげながら待ったが、3ヶ月くらいは芽が出ず。
種の状態によっては芽が出ないことはよくあると聞いていたのでかなり不安だった。

一つも出ないってのないよねと思いながら4月くらいになってやっと1つめの芽が!植えた豆を持ち上げるように土から出てきて、その豆がパカっと割れて双葉が開く、という具合。

IMG_6172

粘り気のある赤土多めの土と、腐葉土や砂が多めの土との2種類試してみたところ、圧倒的に腐葉土と砂の方が発芽が早く、発芽率も高かった。

排水性が低い硬くなる土は種まきにはむかないことが分かったが、園芸においては常識なのかもとあとから反省。かなりの数の種を無駄にしてしまった。。

IMG_6177

砂の方はほとんど発芽した。

今年で豆を発芽させる工程について経験して分かってきたので、来年はすごい数の苗ができるだろう。育てる土地をどうするのかってことだけど。。

2015年に沖縄移住を決め、それを機にコーヒーの木の栽培を開始した。 移住前から「沖縄でコーヒーを育てたい」「コーヒー農園を開きたい」と考えていて、実際に育てている方がいるかもと調べてみると、やはりちらほらとそんな取り組みをされている方がいることが分かり、なら自分もとはじめてみた。 まずは一本でもいいのでコーヒーの木を育て始めたいと思い、苗を購入できそうなとこがないかを調べると、那覇にあるコーヒー屋さんがコーヒーの木の栽培をしているらしいことがわかり、まずはこのコーヒー屋に行ってみることに。コーヒー屋に着くと、確かに店先にそれらしい苗木が並んでいた。 そちらで育てていた発芽から3年目の苗を一本譲っていただき、最初の一本目を育て始めたのが8月ごろ。その時点で土から50センチくらいだったか。 その頃の写真は撮ってなかったので無し。

その年の冬は、鉢のまま庭の小屋の日陰に置き成長させた。

翌年2016年春の四月ごろ、ぐっと大きくなった苗を、親戚の畑の一角をお借りして地植えに変更。

23


その年にはじめてついたコーヒーの実がこちら。

IMG_5866
45

実の色が赤くなったときは結構感動。
最初は緑色でだんだんと赤に変わっていき、赤くなってからもどんどん濃くなっていく。

最初に赤くなった実は、おそらく鳥に食べられたんだと思うがある日突然無くなってしまって、落ち込んだ。
この年になった実は合計80粒。

03
一つの粒の中に、コーヒーの種が2粒入っている。なので種 (豆) としては160粒。

IMG_6638


この時点で、その豆を炒ってコーヒーにして飲んでみるかどうか相当悩んだ。。ただ飲んでしまうと一瞬で無くなってしまうような量だったので、飲むのは諦めすべてを種として植えることにした。

↑このページのトップヘ