2015年に沖縄移住を決め、それを機にコーヒーの木の栽培を開始した。 移住前から「沖縄でコーヒーを育てたい」「コーヒー農園を開きたい」と考えていて、実際に育てている方がいるかもと調べてみると、やはりちらほらとそんな取り組みをされている方がいることが分かり、なら自分もとはじめてみた。 まずは一本でもいいのでコーヒーの木を育て始めたいと思い、苗を購入できそうなとこがないかを調べると、那覇にあるコーヒー屋さんがコーヒーの木の栽培をしているらしいことがわかり、まずはこのコーヒー屋に行ってみることに。コーヒー屋に着くと、確かに店先にそれらしい苗木が並んでいた。 そちらで育てていた発芽から3年目の苗を一本譲っていただき、最初の一本目を育て始めたのが8月ごろ。その時点で土から50センチくらいだったか。 その頃の写真は撮ってなかったので無し。

その年の冬は、鉢のまま庭の小屋の日陰に置き成長させた。

翌年2016年春の四月ごろ、ぐっと大きくなった苗を、親戚の畑の一角をお借りして地植えに変更。

23


その年にはじめてついたコーヒーの実がこちら。

IMG_5866
45

実の色が赤くなったときは結構感動。
最初は緑色でだんだんと赤に変わっていき、赤くなってからもどんどん濃くなっていく。

最初に赤くなった実は、おそらく鳥に食べられたんだと思うがある日突然無くなってしまって、落ち込んだ。
この年になった実は合計80粒。

03
一つの粒の中に、コーヒーの種が2粒入っている。なので種 (豆) としては160粒。

IMG_6638


この時点で、その豆を炒ってコーヒーにして飲んでみるかどうか相当悩んだ。。ただ飲んでしまうと一瞬で無くなってしまうような量だったので、飲むのは諦めすべてを種として植えることにした。