2018年10月

ビカクシダに気づく


農園の開園を目指してコーヒーの木を栽培しているうちに、次第にほかの植物にも興味が湧いてきて植物に目がいくようになってきた。

以前の投稿「カフェにはビカクシダが似合う」で、「お義父さんのでかい株から分けてもらった」と書いている通り、お義父さんが昔から育ててきたビカクシダが実は家にあった。しかもかなり目につきやすい場所に結構な大きさですでに育っていて、その存在に今さらながら「気がついた」という感じ。

家から道路に出るまでの小道の脇なので毎日通るし目にしていたはず。なのに、興味がないときはまったく見えてこないから不思議。

60FB19CE-146B-4CD4-AF09-0355DF393B67

ある日突然わっと湧くわけはないので、前からあったのでしょう。

で、そのでかい株の一部を切り崩してもらって、自分が育てる用に分けていただいた。

ADFE58B0-C181-4B72-9720-AB9BD624B68F


増やせるかも


株を切って分けることができたのでその方法で増やせることは分かった。

ただ、夏になって葉の裏にたくさん茶色いタネのようなものが付いてるのを見て、これで増やしてみたいと思いたち、
調べると、シダを胞子で増やすのを試している方が何人もいる。

そのなかからわりと簡単な方法を参考にさせていただいて、試してみることにした。


ポイントは、苔やカビなどが生えやすいのでそれらをなるべく防ぐこと。
きれいな土を使ったり、熱湯をかけて他の苔類の芽を殺しておくこと。とのこと。

準備



容器は100均で買ってきた保存容器を使用。
水が抜けないと腐るので、そこに穴を4つ空けた。
4576CCAB-C7FD-4392-B75D-B700B2C36B93


土は赤玉の小粒を真ん中くらいまで敷き詰めて、その上にバーミキュライトを。いくつかのサイトで調べた結果、どれが最適という答えはないように思ったので、手元にあったものでまずは試してみる。

その土に熱湯をかけてしばらくおく。

F3B4E58D-2F06-467F-8E39-2AB48A90A0BA


以前に、ちぎって封筒に入れておいた胞子葉を、軽くこすって胞子を集めた。

熱が冷めた土の上にその胞子を適当にばらまく。

C5373EA7-3FC5-4F7E-8D93-2857840CD8FF


D321A25C-1965-4A0B-A3D1-BFF71C68CD87


霧吹きで胞子を湿らしてから、サランラップで蓋を。

F87F7806-318F-474C-8B15-D55C56281778


これで一旦完了。
2週間くらいで緑色の前葉体が確認できるとのことで、
これはなかなか楽しみ。これで一気に増えたりして、それ売れるかもなー。

という事でまた経過報告をする予定。



今年は台風が多い


沖縄でコーヒー栽培を始めて3年。その間で今年が最も台風が直撃した数が多い。そして大きいのが多い。

先日の台風24・25号は日本全体に多くの被害を与えるほど強い台風だったが、畑も家もかなりの被害があった。

家の方は2日ほどの停電。避難するほどではなかったが、家の中でじっと何もできない時間を過ごした。

そして畑は、、

3BBE7F3C-CF04-46AA-9F29-44FB5C8177BE


サガリバナの木も根元から倒れるほどの荒れっぷり。。

AD353298-25C7-435B-9AFB-5E36C0AA3CBC


3年目の木も根元から!!!
今年初めて実がついてこれからだったんだが。。
つらい。

4611E30A-B1ED-43F3-BA70-615F9FD95317


倒れず生き残った木も、枝が折れ葉がめちゃくちゃな状態。

88CA293D-510E-497B-B0C1-245E0E5A5B66


実も落ちまくった。


どんな対策したか


今回、仕事が忙しくてなかなか対策ができなかった。
それでも少しでも、と思いやったことは、
  • 支柱の補強

  • 四方の柱から紐でひっぱって幹を支える

  • 防風ネットを重ねる


仕事を終え県知事選挙の期日前投票に行き、そこから対策を始めたので、終わったのが23:30。すでに雨風が強くなっていて全身びしょ濡れできつかった。


台風24・25号の被害まとめ



で、そんな対策してどんな結果だったか。


  • コーヒーの木 1本 完全にダメになった。

  • コーヒーの木 4本 枝が折れまくって結構なダメージ。

  • コーヒーの実 全体の10パーセントくらい?が落ちた

  • コーヒーの実 全体の20パーセントくらい?落ちてはいないが傷んでしまっている。

  • サガリバナの木 1本 倒れた

  • アセロラの木 1本 倒れた



こう見ると結構な被害。
1年かけて育ててきた実が下に落ちまくってるのは見たくない。

そんななか、防風ネットした一番大事な木は、実は落ちたが折れた枝など少なく対策した甲斐があった。

9CF38F85-DF0A-4119-B13A-0BACEB0E18F0


残ってる実も元気そうではある。

やっぱり支柱が大事



今回の対策の中で一番効果があったのは支柱。

「幹を守る」ってことだと、鉄の支柱で幹を折れさせない倒れさせないというのが大事。
一番被害が少なかった木は鉄の支柱だった。

038E802A-FE8E-4398-96F8-ACCA8C03D345


あとサガリバナみたいに葉が生い茂ってると倒れやすそう。
実がついてなければ思い切って枝をカッコしてしまった方が生き残れる気がする。
次はこれを試す。

この経験は結構大きい


いつか沖縄の本気の台風をくらうんだと思ってたけど、最初の2年は幸運にもあたらず。

被害の大きかった今回の台風24・25号だが、これを経験できたのはよかった。
本気はどんな事になるのかというのが実感できたので今後の目安になる。

後片付け


台風のあとは片付けが大変。
倒れた木を戻したり、傷んだ葉をカットしたり、散乱したものあつめたり。

BB6D4821-4F08-4D0E-97C0-DAB5C2BB37E5


少しずつまたきれいになってくのはそそれはそれで楽しい。

あー、早く収穫して次の苗作りたい。とんでもない数に増やして前に進みたい。

↑このページのトップヘ